マネジメントについて

今は、退職(昨年、退職)した身であるが、現役時代のマネジメントについて、以下、簡単に自分自身の過去を振り返ってみたい。
幸か不幸か、40代後半に、管理職となり、マネジメントを行うようになった。
しかしながら、管理職と言えども、自分自身も担当の業務を持ったままであったため、純粋にマネジメントだけを行うわけではなかった。
直属の上長よりは、早く、担当の業務を部下に渡して、マネジメントに専念するようにとの指示があったが、結局は、その後も退職するまで、比率の違いはあったが、ずっと、担当業務を抱えたままであった。
結果として、良い面と悪い面の両方があったと思う。
良い面としては、担当業務を行ってきたために、個人的には実務経験が積めた。
また、悪い面としては、マネジメントが思うようにいかなく、おそらく、部下が苦労をしたのではないかと思っている。
しかしながら、自分自身としては、プレイイングマネージャーとして会社人生を送れたことに満足している。