バイクバッテリーとは

バイクバッテリーとはバイクの電装系を動かすための電力を蓄えておく蓄電池です。通常は利用開始時に充電された状態から利用し、バイクからの運動エネルギーを変換して電力を保っていくといった使い方になります。きちんとしたバイクバッテリーを使うメリットとしてプラグなどの発火を安定させて力強い走りができるようになるということが挙げられます。電気の火花によってエンジンに転嫁をして動いているのがバイクですから、その火花が安定することでエネルギー供給も十分なものとなります。照明も光量を保っていくことができるので、夜間や雨天時などにも見通しを良くして安全性を高めるために役立てていくことが可能です。バイクバッテリーは運転した時の運動エネルギーから電力を回収しているということもあり、常時電力は供給可能な状態になっているため運転しない場合には放電してしまうという問題があります。真冬などの雪で動かせない場合や長期出張などで放置しているというようなときにはそのあとの起動時からエンジンがかからない、あるいは安定しないというような問題が出てしまうことが多いのです。こうした状況になってしまうことが想定される場合には、予めバッテリーを回収しておき充電器などで中の電気量を維持したり、再起動する前に確認して場合によっては充電してから乗るといったように対策をすることで安全に乗ることができるようになります。最近のバイクバッテリーは小型化、高電力量化が進んでいる傾向にあります。より長い期間そのまま使っていくことができるということや、小型化によって軽量になったりスペースをコンパクトにできるようになったということが大きな特徴です。バイクは乗員が少ない乗り物で、部品について軽量化を図るほど全体の能力が上がるという特性を持っているものでもありますから、心臓部ともいえるバイクバッテリーの大幅な軽量化は高い性能向上をもたらしてきています。同様に安定した電力供給によって動力も安定するため、燃費の向上や走破性にも良い影響を与えるものとなっています。鉛ではなくリチウムを使ったものでは、人体や環境にも影響を与える鉛を使わずエコロジーな側面もあるため、自然を主体にツーリングを行っていくという人や環境に配慮した装備を行っていきたいという人を中心に人気を博してきています。チューンアップや節約など様々な観点からも重要なパーツとして認識されてきています。