バイクタイヤは用途に応じて変える

バイクタイヤを選ぶ際には、自分の走行の仕方を知って選ぶことが大切です。ツーリングを多くしている場合や、サーキットで走ることが多い場合など、様々な用途によって選ぶべきバイクタイヤの種類が変わります。ハイグリップタイヤは全開走行することをメインに使用出来るので、スリップしづらいのが特徴です。スポーツタイヤは出勤にバイクを使用している場合などの街乗りや、峠を走る際に相応しいタイヤです。ワインディング走行にも適しているので万能な性能を誇っています。ツーリングタイヤはグリップ力が低いので、全開走行やコーナーが多い道を走るのには向いていません。基本的には耐久性と消耗性に優れたタイヤなので、あまり複雑なコースを走るのには向いていません。峠を良く走るのであれば断然ハイグリップタイヤがおすすめです。本気で複雑なコースを走るのに一番向いているので、街乗りをあまりせずに走行を楽しむ場合にはハイグリップタイヤを選ぶことが大切です。スポーツタイヤは街乗りも峠もほどほどに走る場合に使用することが大切です。どちらもオールマイティに無難に走れるので、一番多く普及しているタイヤでもあります。ツーリングタイヤは完全に街乗りに利用するか、たまにツーリングで使用する程度の場合に選びます。また、自分が乗っているバイクによってタイヤを決めることも大切です。スピードを出して快適に走ることを目的としているバイクに、ツーリングタイヤを装着しても快適には走れないので、自分のバイクの特性を最大限に発揮出来るタイヤを選ぶことが大切です。また、バイクタイヤのメーカーはそれぞれに特色を持っています。グリップ力に特化していたり、消耗がしにくいなどのメリットがあるので、自分に合ったタイヤを選ぶことが大切です。そして、グリップ力があれば必ず消耗が激しくなります。これは自然の摂理なので、両方に特化しているバイクタイヤは存在しないことを覚えておくことが大切です。また、年間の走行距離によって購入するバイクタイヤの品質を変えることが大切です。年間走行距離が1000km以下であるのに、1万km走っても保つようなタイヤを装着しても意味がありません。バイクタイヤは雨風にさらされることで劣化するので、そのようなタイヤを購入しても10年保つことにはなりません。使用による劣化と共に、年月の経過と共に大きく劣化していくので、管理には充分に気を付けることが大切です。