世界のロードレースとロードバイク

ロードバイクは、世界中で行われる有名な自転車大会を制覇するために開発された、ロードレース専用の自転車の事を言います。ロードレーサーとも呼ばれ、ヨーロッパでの歴史も古く、1900年頃から、既に現在のロードバイクの原型が出来上がっていたと言われています。ロードバイクを構成するフレームはダイヤモンドフレームと呼ばれ、ハンドルやサドル、制動パーツ駆動パーツ、ホイールとタイヤといった部品が、組み込まれるような造りになっています。また、その形状は、昔も現在も大きく変わることがありません。国際自転車競技連合が関与する、大会の多くがダイヤモンドフレーム以外の形状を許可していないことも、伝統が守られる要因のひとつです。しかし、ロードバイクを構成している、素材とパーツ類は大会を追うごとに進化しており、選手達の新しいトレーニング方法と強化も含め、記録は年々更新されています。趣味性の高い、高級自転車として、一般に流通しているロードバイクの多くは、大会と有名選手の功績により、市場が作られています。優秀な選手の使用するブランドには、人気が集中し流行を生み出しますが、正式なレース以外での規格のものも、常に新しいものが開発されています。また、現在では製造されていないような、古い規格のものも愛好家の間では人気があります。近年の、健康ブームや環境保護の観点からも、人の力を動力源とするロードバイクは、注目されています。